忍者ブログ

サマンサのおもちゃ箱

趣味の話ばかりになってきたので改題。模型やおもちゃや実車など、鉄道にかかわるそんな話をつらつらと。好きなジャンルは民鉄と新幹線ですが、最近は新幹線成分が多めですね

東北の韋駄天、まずは6両で完成


 新年初の鉄道模型お買い物は、ポポン川越の457系です。KATOカプラ密連型と合わせて締めて税込2,345円。ケースに『さくらや』のタグが付いているのでこれまでに買った457系と同じユーザーさんのモノだと思います
 これで我が家の457系は都合6連になりますので〈くりこま1号〉が組めるというわけです。編成こそ6連・9連でグリーン車の組み込みは1両という地味な編成ですが、特急並みの全車指定席&表定速度80㎞/h台という韋駄天(特急より停車駅が多く、最高速度110㎞/hの457系でこの速度!)は、臨時〈くりこま51号〉を〈くりこま3号〉が石越でぶち抜いたりする「伝説」を造ったりしており、編成の地味さとは対照的な、華のある急行列車だったのです
 新幹線が大好きなスピードバカのサマンサさんであれば、457系で楽しむ列車はずばり〈くりこま〉しかないのですよ。だもんでポポンにあるうちにモハ456とクモハ457を回収した次第

 問題は中間に封じ込めるクモハ457ですが、俺は細かいことは気にしないのでとりあえず手持ちのカプラ付きDT32と振り替えることにします。スカートは取り外して大事に保管。KATOの子のスカート、ぐらぐらして失くしやすいんですよホント
 で、連結相手のサロ455がKATOカプラなので、これあるを期にKATOカプラ密連型を買ってきて振替

 なんかえらく引っ込んでしまったけど大丈夫か?


 なんとか大丈夫っぽい。やったね!


 これで〈くりこま〉の6連がそろったわけですが、車両ケースは9両分。そう、せっかくなら〈くりこま1・2号〉の9両つなぎも再現できるようにしようじゃないかと思うのは当然のことだと思うのです
 何はともあれ、東北の韋駄天が形になってたいへん嬉しゅうございます

 いいじゃないいいじゃない
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
サマンサ
性別:
男性
自己紹介:
電車バカのサマンサです
Tumblrもやってます

P R